静岡朝日テレビにて放映

 

静岡朝日テレビで病院のヒーリングアートを取材していただきました。

病院に患者を癒やすヒーリングアート 障害を持つ作者の男性「見てくれて楽しい気分に」 静岡市

静岡朝日テレビヒーリングアート

中野結香アナ:「病院の通路というと、シンプルで落ち着いたイメージがありますが、こちらに大きくて鮮やかな絵が飾られています。
このアートがたくさんの患者を癒しています」  静岡済生会総合病院の通路に飾られた壁画。高さ1メートル74センチ、幅3メートル63センチの大きな作品です。
タイトルは「鳥と見た風景」。静岡市の街並みをイメージして描いたといいます。 夫婦 妻:「気持ち的に楽になる」
夫:「身体が病んでいる時に白いものを見るよりは絵を見たり・・・」 妻:「子どもも喜ぶと思うし」 車いすの男性:「きれいにうまく描いてある。この絵が描いてあるだけで映えるね」  

この取り組みを進めたのが、NPO法人アートコネクトしずおかの遠藤次朗さんです。  人の心を癒す目的で製作・展示する絵をヒーリングアートと言います。
実は遠藤さんが設置したこの絵。描いたのは障害者。障害者が描いたヒーリングアートを病院に設置する例は、全国的にも少ないそうです。  

遠藤さんは去年1月、待合スペースに初めて障害者のヒーリングアートを設置。それまで無機質な印象だった空間が鮮やかな色使いの富士山の絵で明るい雰囲気に変わっています。

アートコネクトしずおか 遠藤次朗理事:「病気を抱えたり、困難な方は不安があったり悲しみがある人も多い。こういうアートを見てもらうことで元気を持っていただきたい」  

今回設置された「鳥と見た風景」を描いたのが、菊川市に住む山田悦久さん。生まれつき難聴で知的障害があります。その山田さんが何よりも楽しみにしているのが、施設で2週間に1度開かれる絵画の時間。2時間ひらすらキャンバスと向き合います

中野アナ:「病院で山田さんの絵を見て、色が鮮やかで大きくてきれいだと思った」  山田さんは、会話をすることが難しいため筆談で伝えてもらいます。

「鳥と見た風景」作者 山田悦久さん:「色がきれいと思ってもらえるのがとてもうれしい」  まだ自分の作品が病院に設置されているところを見たことがないという山田さん。廊下に展示された作品の映像を見てもらいました。 「鳥と見た風景」

作者山田悦久さん:「人が見てくれていて、楽しい気分になった。うれしくも感じる」  障害のあるアーティストと病院の患者を絵画でつなげる取り組みを進めているアートコネクトしずおかには、1500近い作品が集まっているそうです。遠藤さんは、こうした作品をできるだけ世に出していくことが自分たちの役割だと話します。

アートコネクトしずおか 遠藤次朗理事:「病院をテーマパーク化していく。見た人が心をいやす場所であってほしいと思うので、元気の出るアートを置いていきながら楽しんでもらい、元気になってくれたらいい」  

患者に元気と癒しを与える絵。
鮮やかなアートがこれからも病院を明るく彩っていきそうです。

最終更新:5/12(火) 13:55静岡朝日テレビ

https://news.yahoo.co.jp/articles/24216d738ad1914086ddb3b3a39b220759cca943

アートで癒したいプロジェクト

 

静岡済生会病院ヒーリングアート静岡新聞掲載

 

静岡済生会病院に癒やしアート 知的障害の山田さん(菊川)制作 3/29(日)

静岡市駿河区の静岡済生会総合病院でこのほど、知的障害のある山田悦久さん(43)=菊川市=が描いた絵が1階東側通路の壁に掲出された。色彩豊かな作品が、心を癒やす「ヒーリングアート」として不安を抱える患者や家族らの心を和ませている。

 山田さんの作品「鳥と見た風景」の原画はフェルトペンで鳥や建物を描いたもの。縦2メートル、横3・5メートルほどに拡大し、建築用シートにプリントして壁に貼った。足を止めて見入る人もいるという。

 アートを通じて障害者らを応援するNPO法人アートコネクトしずおか(静岡市葵区)が、同院に障害者アートの設置を提案。同院では昨年1月、藤枝市の知的障害者の男性の絵を同院南館に掲出していて、今回が2例目となる。

 杉原孝幸事務部長は「誰が見ても明るい気持ちになる。障害がある方の活躍の場が広がるとうれしい」と話す。

 活動に賛同し、設置費用を提供した共和法律事務所(静岡市葵区)の弁護士伊代田雄大さんは「作者にアート使用料が入る仕組みが興味深い。社会的評価を受けることが重要だと思う」と語った。

 同NPOの遠藤次朗理事は「自由な発想で描かれた作品は見る人に元気を与えてくれる。取り組みが広がってほしい」と期待を込めた。

2020年3月26日(木)の中日新聞の掲載していただきました。

 

ふじのくに県議団様ありがとうございます!

 

司法書士法人つなぐ 増田代表に感謝!

 

当初からまちじゅうアートを応援くださり、
障害のある方々への確固たる思いをお持ちの司法書士、増田さん。
本当に感謝です。
増田さんに出会えた事、本当に嬉しく思います。
ありがとうございます!

司法書士法人つなぐ
https://tsuna-gu.com/

#司法書士法人つなぐ
#吉田事務所
#まちじゅうアート

静岡済生会総合病院  障がい者ヒーリングアート施工完了

 

患者の抱える不安をアート(障がい者アート)で癒したいプロジェクト
 

障がいのある方 × 静岡済生会総合病院 × 
弁護士スポンサー(共和法律事務所 伊代田雄大氏) × NPO法人
 

【医療空間に癒しのアートを】

 
人は誰でも病気をすることがあります。
 

病気への不安を抱えながら、辛い治療と向き合い、行動の規制が多く
単調な入院生活では、精神的な疲労から開放するための癒しが必要です。
病院はそういったストレスに対する配慮と工夫が
最も必要な場所であるはずなのに、
院内空間は医療従事に優先され「癒し」の存在が感じられず、
不安を解消する配慮が感じられないところが
まだまだ多いのが現状です。

治療に前向きになるための癒しをアートで提供したい。
しかもそのアートはハンディキャップを持つ人の強く生き生きとした、
活力に満ちたアートが良いと考えます。
彼らはハンディキャップを持ちながらも
前向きにひたむきに生きているからです。彼らのアートは時に元気と勇気を与えてくれます。
 
それまで健常が当たり前だった人が病と向き合うことで、
今まで感じたことのない事に気が付く時があります。

患者を勇気付け、活力を引き出し、新たな自分と向き合う。
少しでも不安を取り除き、前向きな活力を見出したい。
そんな願いからアートコネクトしずおかでは
これまでも病院と障がい者アートを繋ぐ事業を行ってきました。

一人でも多くの患者、そしてそのご家族、病院を訪れた人たちに
癒しと元気を伝えたい。そんな活動です。
そして何よりヒーリング・アート(Healing Art)は精神の安定や癒しに
大変効果的な働きを持っています。

国内を見ても、そして静岡県内でも事例の少ない先進的な活動です。

スポンサーも今回は全面的に賛同くださった弁護士さんです。
病院と弁護士とNPO法人と障がいのある方。
この素晴らしい出会いが未来の扉を開きます。
 

そしこの運動が静岡県民の意識改革となって
障がいのある方々への理解と尊重の動きとなって広がりますように。
 

#静岡済生会総合病院
#共和法律事務所
#伊予田雄大弁護士
#社会福祉法人草笛の会
#ヒーリングアート
#病の不安を癒す

@ 静岡済生会総合病院

まちじゅうアートPR 静岡県庁、障害者の絵画展示

 

県は11日、障害者のアート作品を有償でレンタルする県の事業「まちじゅうアート」のPRのため、
県内の障害者が制作した絵画3点の展示を県庁東館2階ロビーで開始した。

 一般来庁者の利用が盛んなロビーの一角に、
菊川市の社会福祉法人「草笛の会」を利用する3人の絵画が並んだ。
富士山や外国の建築物、空想上の街を題材にした鮮やかな色合いの作品が選ばれた。
県庁での障害者アートの展示は昨年11月に始まり、県庁西館にも15点が飾られている。

静岡新聞社

県民だよりにまちじゅうアートを掲載していただきました。

 

せいしん信用金庫7支店アート展示

 

せいしん信用金庫様7支店にアートが展示されました‼️
この事業の意義は、企業様にアートの素晴らしさを紹介し、
その価値と事業目的を明確に理解して頂いた上で企業様と作家双方と契約を結び「有料」でアートを飾り、広く県民の皆様に届けていくことにあります。

無料であればどうぞ!と言う所は多々ありますが、
例え少額であっても「有料」となった途端にその事業遂行のハードルは一気に上がります。
そんな中、静岡の顔とも言える金融機関、せいしん信用金庫様が大きく動いてくださいました‼️
設置に伺った際も支店長、次長様が自ら店内の一番見栄えの良い場所をご案内してくださいました。
心より感謝申し上げます‼️
展示されている支店は以下の7支店です。
是非お近くにお越しの際は足をお運びください。
この実績を励みに引き続き頑張ります。
本当にありがとうございました‼️

【せいしん信用金庫】
①静岡本店
②八幡支店
③登呂支店
④片羽支店
⑤大坪支店
⑥草薙支店
⑦清水支店

本店営業部
本店営業部
八幡支店
八幡支店
登呂支店
片羽支店
草薙支店
大坪支店
清水支店

新修善寺東こども園建設現場壁面アート施工

 

【2020年1月25日 伊豆新聞掲載文より】

伊豆市立修善寺東こども園の老朽化に伴い、同市加殿で進められている新こども園および併設する児童発達支援センターの建設工事の現場に、障害者が描いた絵画が飾られた。障害がある人々や、病と闘う子どもたちをアート(芸術)を通じて応援し、社会や企業とつなげる活動に取り組むNPO法人アートコネクトしずおかが仲介し、施工業者が協力した。
 同NPO会員の山口美奈子さん(菅引)が市に打診し、紹介された施工業者の土屋・中豆・イズケン特定建設工事共同企業体が快諾。アート看板設置のための費用を負担した。展示する絵画は同NPOが仲介し、地元の駿豆学園(小下田)の利用者が描いた作品を使用した。
 絵画にはパンダや象、キリン、ウサギなどさまざまな動物が生き生きと描かれている。山口さんは「障害がある人が、将来お金を手にして生きていくことは大変。芸術という面では障害がある人も同じなので、その道を開くための手伝いが少しでもできれば良い」と活動に対する思いを語った。

静岡新聞に掲載していただきました。

 

静岡済生会総合病院ヒーリングアートプロジェクト

 

静岡済生会総合病院館内売店前の憩いのスペースの柱にアートを施しイメージを演出いたしました。
ヒーリングアート施工完了です!
このプロジェクトは清水にある「株式会社静岡オンテック」小野田氏スポンサーの元に実現いたしました。
心より感謝申し上げます。
患者様の不安を癒し、元気を与え、明るい空間に生まれ変わりました。
施工前と施工後とではこんなに違うと!
担当の病院企画室の方はもちろん、医師、看護師、そして何より患者様からの「暗いイメージだったスペースが一気に明るくなってとても良いです!」と嬉しい声を頂きました。
こうした活動がどんどん広がるようにこれからも尽力いたします。

※2020年1月現在、静岡済生会総合病院内第2弾ヒーリングアートプロジェクトが進行中です。
お楽しみに!

静岡済生会総合病院ヒーリングアート施工
施工前
静岡済生会総合病院ヒーリングアート施工
施工後
静岡済生会総合病院ヒーリングアート施工
施工アート画 waC 関谷早央さんのアート
静岡済生会総合病院ヒーリングアート施工
施工風景
静岡済生会総合病院ヒーリングアート施工
静岡済生会総合病院ヒーリングアート施工

静岡あさひテレビ様ノベルティ採用

 

TV局館内原画展示、ノベルティ採用で大変お世話になっている静岡朝日テレビ様のノベルティ「クリアファイル」アート採用です。
とてもかわいくてキュート!そして何より、作家の魅力を最大限に引き出し、長く使っていただけるデザインを心掛けました。(作家の持つアート性がそもそも素晴らしいので実は何もしてはいませんが(笑))
大変好評だと伺い、本当にうれしく思っています。一人でも多くの方にこの魅力が伝わると良いな。
いつも本当に感謝いたしております。ありがとうございます。

静岡朝日テレビノベルティ採用
静岡朝日テレビノベルティ採用
静岡朝日テレビノベルティ採用
静岡朝日テレビノベルティ採用
静岡朝日テレビノベルティ採用

しずてつストア藤枝南店アート採用

 

2020年 1月23日(木)にグランドオープンする
「しずてつストア藤枝南店」にまちじゅうアートの企画でwaCのアート7点が大きく採用されました!
 
まちじゅうアートの活動が静岡の企業様に浸透してきました。これもひとえに応援してくださる皆様のお陰です。
心より感謝申し上げます。
今後も作家の方々や事業所の方々との信頼関係を大切に、
彼らの持つ素晴らしいアートの魅力を
静岡の企業様、県民の皆様に地道にコツコツとお伝えできるよう尽力して参ります。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。

第一建設株式会社壁面アート

 

小さな一歩ですが大きな一歩です‼️
ついに第一建設株式会社様のご協力で念願の工事壁面をアートで彩る取り組みが花を咲かせました。
waCの高井美幸さんのアートが見事に静岡県立城北高校の工事現場を彩っています(美しい素晴らしい)‼️
とても深いご理解とご協力を頂いた第一建設株式会社様には本当に感謝の言葉もありません。
これからも静岡中の工事壁面を素晴らしいアートで飾って頂けるよう頑張ります。
そしてご理解を頂ける企業様とのご縁を大切にして参ります。
皆様是非静岡県立城北高等学校へ壁面アートを見に行ってください!
ありがとうございました‼️

#第一建設株式会社
#工事壁面アート
#静岡県立城北高等学校
#waC

@ 静岡城北高校

  • アーカイブ

  • A5版印刷用16P-ACSパンフレット

  • まちじゅうアート作品集ページ